2016年7月25日

見た目年齢がグっと若くなる!ほうれい線のケア

ほうれい線ができる原因とは?

ほうれい線ができると、肌がきれいでもスタイルがよくても見た目年齢が高く見られやすくなります。いつまでも若々しくありたいと思うことは、特に女性なら思うことですよね。そもそも、ほうれい線ができる原因は加齢や肌のたるみ以外にも、睡眠不足やストレス、暴飲暴食など生活習慣も深く関わっています。たるみが原因の場合は、ほほの筋肉が衰えたり脂肪が下に引っ張られることによって溝ができやすくなるからです。また、横向きの寝相や頬杖など日常生活の何気ない事が原因で、ほうれい線ができやすくなります。

ほうれい線のできやすい人とできにくい人

ほうれい線にも目立ちやすい人とそうでない人がいます。できやすい人の特徴は、丸顔気味である・頬がやわらかい・日焼けしている・猫背気味など様々あります。また、体型によっても差があります。太っている人よりも痩せている人の方がほうれい線は目立ちやすいです。なぜなら、太っている人は顔にもお肉がいっぱいついているため、肌が張った状態だからです。すべての人に共通しているのは、乾燥肌の人はほうれい線ができやすいということです。

ほうれい線を予防・ケアするには

ほうれい線がまだない人も、すでにある人にもオススメのケアがあります。まずは、自分の生活習慣やクセを見直しましょう。たとえば、頬杖をつく癖がないか、片方の歯で食べ物を噛んでいないか、猫背になっていないかなどです。そのような行動の積み重ねがほうれい線の原因となっているからです。そして自分にあった睡眠時間を見つけましょう。基準は、目覚めの良さと日中も元気に活動できるか、そして夜もしっかり眠ることができるかです。

しわが発生する原因として、紫外線や加齢、ホルモンバランスなどが指摘されることがあり、肌の状態に合わせたケアが必要です。