2016年7月25日

必見!わきがを自力で治す、効果的な3つの方法

食生活に気を使うようにする

意外と知られていない事実ですが、わきがの人の多くは、その食生活が原因となって発症しているといわれています。それほど、わきがと食生活には、切っても切れない関わりがあるのです。ですから逆に、わきがを治す場合にも、食生活を変えることによって、大きく症状が緩和されることが少なくありません。代表的なもので言えば、大豆や食物繊維などをよく摂取し、お酒やタバコ、ジャンクフードや糖質などを抑えることで効果が出るといわれています。

よく汗をかくように意識する

これはわきがの人に限ったことではありませんが、汗というものは、かかない方が良いものではありません。寧ろ、出来ればかいた方が健康的なものです。汗に含まれる匂いは、体内から汗がなかなか排出されない場合、どんどん濃くなっていきます。逆に、すぐに汗を体外へ排出できてさえいれば、匂いはかなり薄くなります。スポーツ選手は、汗をかいている割に匂いが薄いと感じたことはありませんか?わきがなら尚更、積極的に運動をしてみたり、サウナに入ってみたりするなどして、汗をかくことを恐れないようにしましょう。

とにかく念入りに洗って脇を清潔にする

「わきがだから、どうせ一生懸命洗ってもまたすぐに臭くなってしまう」と考えて、念入りに洗うことをやめてしまう人がいますが、これは正しい対応ではありません。そもそもわきがの場合は、「1日で治そう」と考えてしまってはいけません。例え毎日念入りに脇を洗ったとしても、匂いが緩和されてきたと、確かな効果を感じることができるのは、何ヶ月も続けてからのことです。安易な考えで清潔さを損なってしまうと細菌が繁殖し、より匂いがきつくなってしまうことも十分に考えられるため、気をつけましょう。

わきがの原因は、アポクリン汗腺から出る少し粘り気のある汗にあり、優性遺伝が関係しています。思春期頃から臭いを感じるようになります。