2016年7月24日

自己流でやっても大丈夫?安全な加圧トレーニングの実施

自己流で行うリスクとは

加圧トレーニングは血流をベルトなどで制限しながらトレーニングをする方法です。その成功の可否は血流を適切に制限することにあると理解しておきましょう。自己流で行うと締めすぎてしまって血流が止まってしまい、筋肉が壊死してしまう危険性があります。逆に締め方が足りないと血流が十分にあって加圧トレーニングの効果が得られず、ただの筋肉トレーニングになってしまうでしょう。血流の制限を適切に行うのは初心者には難しいと知っておくことが大切です。

トレーナーに教わって安全に実施

ベルトでどの程度締め付けたら良いのかを知るには、加圧トレーニングの専門のトレーナーに指導を受けるのが最も良い方法です。実際に締めてもらってトレーニングをすると、締め付け具合や、トレーニングをしたときの負担の具合がよくわかってくるでしょう。専門のトレーナーに任せれば、個人の身体の状態に応じて適切な締め方をしてもらえるため、安心して安全に加圧トレーニングを行えます。まずはトレーナーに教わって安全に実施しましょう。

慣れてきたら自分で行うのも可能

専門のトレーナーに教わりながら加圧トレーニングを続けていくと、ベルトの締め具合も感覚で理解できてきます。必要に応じてトレーナーから理論的な面も教わってみると、自分でもうまくベルトが締められるようになるでしょう。その段階まで来たら自分で適切な血流制限を行って加圧トレーニングを行うことも可能です。最初から自分でできると思わずに、まずはプロに教わって身体で理解をしておくとリスクを減らしてトレーニングを行えるようになります。

加圧トレーニングなら横浜にある人気のフィットネスクラブがあります。このフィットネスクラブでは外光を浴びながらトレーニングに取り組めるフィットネススタジオがあります。